2016-17 Bリーグ、初代チャンピオンは栃木ブレックス!!

ついに、昨日CSファイナルが終了!

初代チャンピオンは、栃木ブレックス

そうです、やりました!

サザントーマスの予想的中!

(いや、そこじゃない…)

f:id:SouthernThomas:20170528055850p:plain

川崎ブレイブサンダース 79 – 85 栃木ブレックス

1Q 21-21 / 2Q 16-22 / 3Q 26-16 / 4Q 16-26
@国立代々木競技場第一体育館(10,144人)
※ オンザコートは、川崎:2-1-1-2 栃木:1-2-1-2
※ レフェリー:宇田川 貴生/片寄 達/加藤 誉樹

ちなみに予想してた記事はこちら。

嘘は言ってませんよ(ボソッ)

souththomas.hateblo.jp

僕は、NHK BS1で観戦しましたが

スタッツの通り、白熱した好ゲームでした!

1Q、互いに譲らず同点。

2Q、栃木が古川の活躍でリード。

3Q、川崎が逆転してリード。

4Q、同点/逆転を繰り返して栃木が勝利!

 

試合序盤、オンザコート2の川崎が仕掛け

リードするものの、ファジーカスが不調。

シュートタッチが良くないのと併せて

ロシターのディフェンスに拒まれ得点伸びず。

それでも篠山、辻がアウトサイドとドライブで加点。

対する栃木は、ロシターを経由してパスアウトと

狙いを絞らせず、バランスよく加点して粘る。

2Qに入ると、逆にオンザコート2となる栃木が

ギブスを中心に攻め立てる!

ジュフがギブスを抑えきれない!

そして、インサイドと見せかけたところに

この日MVPの古川がアウトサイドを沈める。

2Qで10得点の大活躍!

ファジーカスが2Q終盤に復調しかけるものの

2Qは、完全に栃木ペース。

 

3Qに入り、両チームオンザコート1。

2Qでディフェンスで貢献できなかったジュフが

帰化選手のアドバンテージを生かし

インサイドから加点、さらにファジーカスが

不調から完全復活、フリースローでも加点。

逆転、さらにリードを伸ばして3Q終了。

3Q終了間際、渡邊→ギブスの得点は認められず。

6点ビハインドで迎えた4Q。

試合トータルで25得点のギブスが、4Qで16得点!

加えて古川も、7得点とチームの26点中23得点!

勝負所で田臥のアシストも出たりと

競り合いの中から、一歩抜き出た栃木が優勝!

 

試合全体を通して、栃木が集中していて

川崎はフリーなシュートを打たせてもらえず

リバウンドもしっかりとブロックアウトした栃木

そして、それらをチーム全員が徹底していました。

川崎は、ファジーカスの序盤不調が最後まで響き

ロシターのディフェンスにイライラする等

エースが、イマイチ乗り切れていないことが

チーム全体に影響していたように感じました。

そうは言っても、しっかりとファウルをもらって

ロシターをファウルトラブルに持ち込み

獲得したフリースローを全て決めて23得点。

エースとしての役割は、最低限果たしていたのですが

終盤の3P攻勢で、エースの辻が全く決められず

チャンピオンシップ通じて復調出来ませんでした。

得点すべき選手が得点できないと、やはり厳しい。

特に一発勝負の舞台では、さらに厳しくなります。

それに対して、栃木は本来エースのロシターが

ファジーカスのディフェンスとアシストに徹する

スタッツに表れない部分に注力していました。

それでも、他選手が得点して活躍できる。

選手層の厚さの違いは、やはり大きかったです。

 

リーグが統一されて初年度が終了したBリーグですが

今年は、初年度ということもあり

メディアで取り上げることも多かったですが

本当の勝負は、来季だと思われます。

観客動員数が、予想していた数字に達していない

という情報もチラホラあったり

今回、ファイナルまで勝ち進んだ川崎ですが

メインスポンサーの東芝は、業績の大幅な悪化

メイン事業の売却、決算報告もままならなず

株価は、軒並み下落の一途を辿っています。

さらに、川崎は観客動員数が1,000名程度と

その強さとは不釣り合いに人気がありません。

元々、Jリーグで強豪チームがいるなどの

競技人気の影響もあるかもしれませんが

来季、チームが大きく変わることは必至です。

 

そして、大企業がスポンサーのチームと

地域密着型のチームで選手年俸総額の違いが

次年度、さらにチーム間の力の開きがでないか

そういった懸念もあります…が

とにもかくにも初年度は楽しめました!

栃木ブレックスの選手、ファンのみなさん

優勝おめでとうございます!

我らが琉球キングスが、その舞台に立てるのは

来季かはたまた、いつになるのか…

でも、きっといつか立てる日を夢見て

来季も、Bリーグを楽しみにしています!

0