僕が0歳児を寝付かせる時に使う方法!

世の中のお父さん達が困っているであろう
「子供の寝付かせ方」です!
僕は、0歳児の間は妻よりも寝付かせるのが早いです。
1歳を超えると問答無用で「ママがいい!」とか言い出すので…
まぁ、そういう場合も粘って寝かせますけどね。

まず、子供を寝かしつける前の準備があります。
これを実行しないと寝かせるのは至難の技です。

  • オムツが汚れていないことを確認
  • ミルク等でお腹を満たす
  • 部屋を適温に保つ
  • 部屋を暗くする

オムツが汚れていたら、まず寝ません。
よほど疲れていたりしないと気持ち悪さが勝ちます。
おしっこでも交換サインが出てたら替えましょう。

お腹が減っていても寝ることはありますが
眠りが浅くて、すぐに起きてしまう可能性が高いので
月齢に合ったミルク量を飲ませてからが好ましいです。

赤ちゃんは、基本的に対応が高いので
特に熱帯夜が多い沖縄では、エアコンは必要です。
夏場は家族が集まって寝る等でエアコンの利用を推奨します。

部屋も出来るだけ暗くした方が良いです。
夜は電気を消すだけで済みますが
お昼寝も、薄暗くしないと寝つきが悪いです。

ここまでの準備が済んだら
いよいよ寝付かせる方法ですが…

  1. 抱っこしながら、お尻と腰の辺りをトントン。
  2. 抱っこは横に揺らしたりと動きをつける。
  3. 子守唄。

これを実行すると、童謡で5曲目くらいで目を閉じます。
調子が良い時は、2曲目くらいでスヤスヤ。
童謡は、きらきら星やゆりかごの歌等です。
ただ、ちょっとキーを高めで歌った方が良さそう。
妻は、地声で歌うせいなのかよく分かりませんが…
妻の子守唄だと、結構寝ないことが多いです(苦笑)
中学高校の音楽を思い出して、声のトーン高めが良いです。

また、バラード等のゆっくり目の曲であれば
童謡でなくても寝てくれたりするので
ストレス発散やカラオケ練習も兼ねて歌うのも良いかも。
逆に歌うのが恥ずかしいという人は
よくある「赤ちゃんが眠るオルゴール」とかも有効かも。
長男が通う保育園では、お昼寝の時にオルゴールを流してました。

0歳児は、言葉も通じないしストレスを感じることも
多いのかもしれませんが、それゆえに色んな方法を試して
うまくいった鉄板パターンを編み出すと
楽しく子育てできると思いますよ!
上記の方法は、長男の時も有効な寝付かせ方法でした!

0