ドコモの2画面スマホ「MZ-01K」じゃなくて2画面タブレットの方が、使い勝手良さそうと思ったり。

ITメディアさんのこの記事を読んでたら
2画面スマホじゃなくて、2画面タブレットの方が
自分の場合は欲しいかも!と思いましたよ。

この記事で記載してる2画面スマホのメリット/デメリットを
簡単にまとめてみるとこんな感じ。
[メリット]
・2画面モードで1画面を参照用に出来る。
 ⇒ゲームの攻略サイトを見ながらゲーム等。
・大画面モードで電子書籍が読みやすい。
 ⇒漫画や雑誌を見開きで読んだり。
・メインカメラで自撮りも可能。
 ⇒開けばメインカメラが自分に向く。

[デメリット]
・スマホにしては重い。
 ⇒230gは、iPhon8が148gと考えると差が大きい。
  iPhone8Plusでも202gなので、やはり重い。
・2画面開くと両手で持つ必要がある。
 ⇒閉じると片手操作できるので、まぁ。。。

これらを見ていると感じたのが
メリットの部分が、8インチのタブレットで2画面を実現すると
さらにメリットとして大きい気がした。

例えば、2画面モードで1画面を参照用にするのも
どちらの画面も大きくなるとゲームもしやすいし
文字も読みやすいので良いのではないかと思う。
そして、大画面モードで電子書籍を見開きにするというのが
雑誌なんかは、8インチのタブレットでは見づらいので
画面サイズが2倍になると、かなり視認性が良くなると思う。

そして、10インチやiPad Proなんかのサイズになると
携帯性が悪くなるため、8インチの携帯性を保持しながら
iPad Pro(12.9インチ)程度の画面サイズを保有となると
これは、結構魅力的なタブレットじゃないかなと思うんです。

それからMZ-01Kで、もう一つ気になっているのが「ケース」

構成の特性上、ケースの装着は難しい気がする。
しかしながら、両面がディスプレイに違いないので
画面が割れるリスクは、2倍に増える。
そして、ケースを装着していないとなると
通常のスマホをケース装着している場合に比べると
画面割れが発生するリスクは、数倍に増えるかと…

それがタブレットにすれば構造の自由度も増すはずなので
ロールするようなケースも作れる気がするし
通常はサブのディスプレイを保護してしまうことも出来そう。

まぁ、問題はMZ-01Kと同じように重さだろうなぁ。
iPadの9.7インチサイズは、実際に持ってみると重い。
iPad Proサイズのディスプレイを備えた時に
どの程度まで、重さが増えてしまうのかが気になるところ。
僕が今、利用しているZenPad 3 8.0の重さは320g。
これは、長時間利用していても気にならない重さ。
iPad 9.7インチサイズになると444g。
そして、iPad Pro 12.9インチだと692g。
もはや、2倍以上の重さ。。。
1画面で利用していても重さは変わらないので
そうなった時に嫌気が刺しそうな自分がいたりする…
うん、わがままなことを言ってるのは知ってます。。。

でも、どんな感じになるのかなぁー。
MZ-01Kの開発はZTEだったはず。
ZTEのタブレットって聞いたことなぁ。
やっぱ無理かなぁ。

0