ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ペリカンズ戦に逆転負けで連敗!(現地 4/7)

今季、ADとカズンズのツインタワーが機能し
躍進の年となるはずだったペリカンズ。
しかしながら、カズンズが大怪我で今季全休。
これで、ペリカンズ失速かと思いきや
ADが奮起して、プレイオフ進出圏内にいます。
そして、この試合もADが活躍。
さらにロンドも17アシストと活躍してウォリアーズは敗戦。
やはりロンドのように強烈にゲームメイクできるPGには
まだクックでは対応が難しそうですね…


【1Q 40-32】
【2Q 27-33】
【3Q 21-27】
【4Q 38-28】
【Total 126-120】

1Qで8点のビハインドを背負って
2Qで盛り返して、2点ビハインドで前半終了。
3Qで逆転するというところまでは
いつものウォリアーズらしい感じなんですが。
尻上がりに調子をあげてくる感じ。
4Qでまさかの逆転負けでしたね…

4Qの大事な場面でグリーンとKDがターンオーバー連発。
本来なら、そういう場面でチームを牽引する2人ですからね。
その2人が、そんな状態だったらどうにもなりゃしません…
プレイオフに入ったら、きっとギアを上げてくれる。
もうファンとしては、それを信じるしかありません。

昨季は、KDが故障から復帰して
勝敗云々よりも、復帰しての調整が気になったけど
今季は、カリーの故障に加えて気の緩みが気になる。
2015に優勝した翌年の張り詰めたシーズンで
チャンピオンチームとして、レギュラーシーズンから
テンションを張り詰めたシーズンを送ると
そのしわ寄せがプレイオフに来ることを
ウォリアーズは学んだのかもしれないけど
今季のように、不安定な試合がちょこちょこと
それはそれで不安にかられる…

ウォリアーズの次戦は、4/9(現地4/8)の@サンズ戦です!
今季は既にタンクモードのサンズ。
結果はもう知ってますが、ブッカーの今後が気になります…

0