琉球ゴールデンキングス、第28節はアウェイで新潟アルビレックスと対戦!(2018/4/14–4/15)

第28節、琉球キングスは新潟と対決!
新潟といえば、得点王有力なガードナー選手と
バスケ界の元祖イケメン、五十嵐選手!
この2枚看板のイメージが強いですね。
五十嵐選手は、イケメンだけではないですから…
波はありますが、アウトサイドシュートも強力で
年齢の影響で衰えを見せていいはずの
スピードもまだまだトップレベルです。
Bリーグ界のアンチエイジング!
そんな新潟との一戦に琉球キングスは
地区優勝をかけてアウェイで対戦します!

それでは、新潟のロスターチェック!

【HC/ロスター】
庄司和広HC

  1. 遥天翼
  2. 畠山俊樹
  3. 佐藤優樹
  4. 五十嵐圭
  5. 池田雄一
  6. ダバンテ・ガードナー
  7. 鵜澤潤(名古屋Dから移籍)
  8. 輪島射矢(福島から移籍)
  9. 城宝匡史(富山から移籍)
  10. オースティン・ダフォー(ハンガリーのクラブから移籍)
  11. ジャレッド・バーグレン(イタリアのクラブから移籍)※1/6 契約解除
  12. 森井健太(早稲田大)※11/27 契約合意
  13. 今村佳太(新潟経営大)※11/27 契約合意
  14. ラモント・ハミルトン(琉球から移籍)※1/9 契約合意

【先発予想・マッチアップ】
PG:#7 五十嵐圭 – #14 岸本隆一
PG:#3 畠山俊樹- #24 田代直希
SG/SF:#30 今村佳太 – #51 古川孝敏
PF/C:#34 ラモント・ハミルトン – #33 アイラ・ブラウン
C:#54 ダバンテ・ガードナー – #12 ハッサン・マーティン

【注目選手】
やはり注目選手は、五十嵐選手!
新潟のスタイルとして五十嵐選手とガードナー選手が
得点を量産することで周りの選手も生かし
チームとして機能し始めるので
五十嵐-ガードナーのラインを抑えられるのか
ということが、一つ目のポイントとなるはず。

そして、その相方のガードナー選手。
ガードナー選手が完璧に抑えられているという
そんな試合は見たことがありません。
体系的には、ハミルトン選手のように
ガッチリしながらもスピードもありますが
ハンドリングにパスセンスもある器用な選手です。
ダブルチームでケアしながらも
パスアウト先もしっかりマークすることが重要です。

元琉球のハミルトン選手にも注目…と言いたいところですが
現在、若手で調子が良いのが今村選手です。

本来だと城宝選手がスコアラーとして期待されていましたが
第3オプションとしてはアジャストが難しいのか
今季の城宝選手は波に乗れていませんでした。
さらに怪我もあったりと難しい時期もあったりと
その代役を努めようとしているのが今村選手です!
学生Bリーガーとしてチーム加入直後から
活躍は難しかったですが、徐々に頭角を現してきました。
今村選手をしっかりと抑えることも重要です。

【展開予想】
新潟も前節の川崎と同様に1Qから
ゲームの主導権を握るためにオンザコート2で
仕掛けてくるスタイルです。
前節の復習としては、良い対戦相手です。
また、五十嵐選手と畠山選手のツーガードも
川崎戦で見られた篠山選手と藤井選手の
ツーガードと同じ組み合わせなので
こちらも良い復習となります。

今節、琉球キングスのポイントとしては
ガードナー選手の対策ですが
前節の川崎に所属している
ファジーカス選手とは異なるアプローチが必要でしょう。
ファジーカス選手は柔の選手で
それに対して、ガードナー選手は剛の選手。
パワープレイを主体とするスコアラーです。
ただし、パスアウトも出来るので厄介。
しかし、これに対しては川崎戦で見せた
ダブルチームとマッチアップゾーンといった
元々ディフェンスには自信のある琉球ですから
そこは、あまり心配ではないかもしれません。

オフェンス面では、川崎戦で得た良い感覚を
さらに進化させ、チームとして馴染ませていく必要があります。
また、畠山選手とマッチアップするのは
田代選手になると予想していますが
ここで高さのミスマッチが発生します。
そういったシチュエーションはこれまでもありましたが
このミスマッチをチームとして生かせていないことが多く
田代選手のポストアップだったり
スクリーンをからめたカッティングで
インサイドに切れ込んでパスを受けてのシュートや
新たなオフェンスオプションも持つことができると
CSに向けての好材料となりそうです。

今節、琉球キングスは連勝はもちろんですが
新たなオフェンスシステムの導入といった
そういったことを着地点に持ってくると予想。

新潟はわずかに残されているCS進出に向けて
エネルギー全開でくるはず。
そういったチームに対しての戦い方も
CSに向けて重要となってきます!
1Qに注目!な対戦です!

Game1 4/7 B1 新潟 vs. 名古屋D ハイライト

Game2 4/8 B1 新潟 vs. 名古屋D ハイライト

0