琉球ゴールデンキングス、5/5(土)の千葉ジェッツふなばし戦結果。

今季最終節は千葉とのアウェイ戦!
CSでも対戦する可能性がある千葉と
敵地で対戦できるのは好材料と受け取った方が良いでしょう!
最後まで、戦う姿勢を見せた琉球キングスでしたが
4Qの勝負所でターンオーバーを誘発され
一気に10点差まで広げられたのが痛かった…
その後、3P攻勢で追い上げを見せたものの惜敗。
これで千葉は、激戦の東地区を優勝してCSへ。
地区1位通過の全体2位も千葉に確定しました。


@船橋アリーナ 5,512人
レフェリー:漆間 大吾/相原 伸康/清水 幹治
オンザコート:1-2-1-2

【先発】
琉球:#12, #14, #24, #33, #51
大阪:#1, #8, #11, #14, #27

【1Q 14-20】
【2Q 20-15】
【3Q 18-19】
【4Q 28-22】
【全体 80-76】
この試合、Twitterではヒルトン選手のファウルアウトや
オフェンスファウルに関するレフェリーに対しての
批判的な意見が結構多かったです。
ヒルトン選手の4つ目は、カメラの位置で見えづらいけど
誤審っぽかったですね。
そして、5つ目も恐らく誤審。
リプレイ映像では、千葉のギャビン選手が腕を絡ませ
それに引っ張られたヒルトン選手が倒れて
ギャビン選手に倒れてしまったため
最初の腕絡ませを見逃すと正当なジャッジに見える。
これに激昂した佐々HCがコーチテクニカルを取られる。

この佐々HCの言動を賞賛する声が多かったですね。
僕も、この行動に関しては好意的な印象ではありますが…

Game2を迎えるにあたっては微妙な気がします。
というのも、この試合で千葉はレフェリーを騙す好意
フロッピングがかなり多かったです。
石井選手は、古川選手にちょっと小突かれただけで
倒れこんで、これが古川選手のオフェンスファウル。
古川選手は、かなり驚いた様子でした。
ああいうプレイをすると、レフェリーは次戦では
修正してコールしないようになります。
また、西村選手の飛び蹴りもありました。
ギャビン選手も腕を絡ませるプレイが多かった。
レフェリーの心象は、千葉の方が悪かったはず。
しかしながら、そこできになるのが佐々HCのテクニカル。
コーチの印象は、レフェリーにとっては大きいはず。
そこで、悪印象をつけてしまったのは微妙です…
今日のGame2、レフェリーの判定にも注意ですね。

5/5 B1 千葉 vs. 琉球 ハイライト

次戦は5/6(日) 14:05に@千葉戦です!今季最終戦!!

この対戦カードの関連記事はこちら。



0