2017-18 Bリーグ、CSクォーターファイナルが終了しました。

先週末、各地で熱戦が繰り広げられました!
我らが琉球キングスは、Game1に敗れたものの
Game2/3と連勝して、セミファイナルへ進出!
シリーズを通して、シュートタッチが良くない展開で
ディフェンスから集中して、盛り返してくれました。

はてさて、そんなクォーターファイナルですが
僕は、下記のように予想をしていました。


結果は、どうなったのかと答え合わせをしてみます!

【予想】
三河(中 1) 2-0 栃木(WC 下)
A東京(東 2) 2-0 京都(西 2)
琉球キングス(西 1) 2-0 名古屋D(中 2)
千葉(東 1) 1-2 川崎(WC 上)

【結果】
三河(中 1) 2-0 栃木(WC 下)
A東京(東 2) 2-0 京都(西 2)
琉球キングス(西 1) 21 名古屋D(中 2)
千葉(東 1) 2-1 川崎(WC 上)

はい、千葉ファンの皆様すいませんでしたー!
結局のところ、順位通りに勝ち上がりましたね。
それでも、各地で色んなドラマがありました。
昨季のミスを取り戻すクラッチシュート
アンスポ + テクニカルで主力がGame2で出場停止
Game1で敗れてからの連勝で勝ち進む
エースがGame2で無得点からのGame3で復活
簡単ですが、各対戦カードを振り返ります。

【試合結果】
三河 – 栃木(三河 2勝)
@愛知県WA刈谷
Game1 三河 77-63 栃木 5/12(土) 2,904人

Game2 三河 80-75 栃木 5/13(日) 3,006人

昨季セミファイナルの再戦。
昨季は、セミファイナルでGame3にもつれて
ホームの栃木が、Game3を制して優勝しました。
その雪辱に燃える三河が、Game1を危なげなく勝利。
Game2も快勝するように思えましたが
終盤に追いつかれた場面で
比江島選手が勝負を決めるクラッチシュート。
シュートを決めた後の天をつき刺すポーズも
先日、他界した母親へのメッセージで話題を集めました。
エースが試合を決める活躍で勢いに乗った三河です。

A東京 – 京都(A東京 2勝)
@東京都立川立飛
Game1 A東京 82-75 京都 5/12(土) 1,629人

Game2 A東京 78-69 京都 5/13(日) 2,230人

既に5試合の出場停止処分が課されていた
京都のスミス選手に加えて、Game1でマブンガ選手が
アンスポ + テクニカルでGame2に出場停止。
アンスポも適切とは言いづらいジャッジで
さらにはA東京の菊地選手がレフェリーに対し
ファウルアピールで複数回と体をぶつけたが
これに対しては、何のお咎めもなかったことから
SNS上で物議を晒す対戦となってしまいました。
試合は、主力2選手を欠く京都が意地を見せたものの
地力で勝るA東京が2勝して勝ち上がりました。

琉球 – 名古屋D(琉球 2勝1敗)
@沖縄県沖縄市
Game1 琉球 69-71 名古屋D 5/12(土) 3,614人

Game2 琉球 66-62 名古屋D 5/13(日) 3,716人

Game3 琉球 17-12 名古屋D 5/13(日) 3,716人

Game1/2とアウトサイドが生命線の琉球が不調。
それに対して、名古屋DはGame1ではタフショットも
どんどんと吸い込まれてGame1に勝利。
しかし、中盤まで二桁リードしていたものの
琉球は終盤に追い上げてあわや逆転。
その流れが良かったのかGame2でも
3Qまで劣勢の状態が続いたものの
4Qに試合をひっくり返して勝利すると
Game3の後半にはシュートタッチも復活。
ベテラン勢が勝負強さを発揮して勝ち進みました。
しかしながら、シーズン中に安定していた
田代選手とハッサン選手の若手コンビが不調。
セミファイナル以上では、両選手の活躍が不可欠です。

千葉 – 川崎(千葉 2勝1敗)
@千葉県船橋
Game1 千葉 87-65 川崎 5/12(土) 4,187人

Game2 千葉 61-71 川崎 5/13(日) 5,108人

Game3 千葉 22-15 川崎 5/13(日) 5,108人

Game1で快勝した千葉でしたが
Game2では、エースの富樫選手がまさかの無得点。
それにひきづられてチームもGame2で敗北。
しかしながら、調子をリセットするため
Game3までのインターバルで取った
富樫選手の行動はシャワー。
そして、見事にGame3では復活。
エースが復活した千葉が勝利。
Game2で意地を見せた川崎でしたが
Game3では、ほとんどの選手がガス欠状態。
さらに篠山選手に辻選手と看板選手は不調。
昨季のファイナル進出の2チームが敗退しました。

結局のところは戦績通りのチームが勝ち進みました。
もう少しいうとホーム開催チームが勝ち進み。
琉球キングスは、特にホームの声援がすごいのですが
やはりホームコートアドバンテージは大きいですね。
しかしながら、A東京って強豪なのに人気が…
B1の集客要件って満たせてますかね…
しかも、スポンサーが天下のTOYOTAですから
招待チケットで来てる方も多そうなんだけど。

はてさて、セミファイナルも面白そうです!
琉球キングスは、一転して完全アウェイ!
それでも、まだ今季を終わらせないでほしい!
しかし、千葉との相性が心配でたまらない!

BリーグCS関連記事はこちら。

0