Bリーグ、U15 CHAMPIONSHIP 2018は栃木ブレックスが優勝!

Bリーグのアーリーカップ開催まで1ヶ月も切り
着々と各チームが準備を進めている。
琉球キングスに新加入したサマーズ選手へ
海外サイトからヘルスチェックで問題?
との記事が出ていたが、サマーズ選手から
当該記事が誤っているとのTweetがあった。
センターポジションの選手を
球団側が欲しているのか…

とまぁ、琉球キングスの動向も気になるが…
先日、行われたU15 CHAMPIONSHIP 2018には
琉球キングスのU15チームも出場。
というのも、B1チームの条件として
U15チームを保有することとあるので
それに準じて琉球キングスもU15チームを結成
そして、この大会に臨んだ。

結果から言うと、予選リーグの初戦で
準優勝の横浜U15に3Qまで2桁点差で劣勢だったものの
4Qに怒涛の追い上げをするも1点差の惜敗で予選敗退。
しかしながら、その他チームとの対戦では
2試合目以降の他チームとの対戦では
息の合ったプレイで圧勝していたので
横浜U15との対戦が2試合目であれば
結果は違っていたかもしれないと思ったが
勝負に“タラレバ”は存在しないので
仕方ないのだが
それでも琉球キングスU15の
戦いには明らかな成長を感じさせるものがあり
見ていて驚かされるプレイが多かった。
まだ見ていない方がいたら見て欲しい。

琉球キングスU15 60vs61 横浜U15

残念ながら、他U15琉球キングスの試合動画は
非公開のようだ…

見ての通り、琉球キングスU15は
初戦こそ、横浜U15に惜敗したものの
他チームとの対戦では圧倒して終了。
バスケットLIVEでは、全試合が視聴可能だ。
オールコートでのプレス気味のディフェンスで
スティールを量産しながら
インサイドでも積極的にブロックを狙い
トランジッションからの素早いオフェンス。
これが見事にハマって圧倒していた。

琉球キングスU15の予選敗退は悔やまれるが
本戦は、栃木U15と横浜U15が決勝に進み
決勝で横浜U15が前半リードしたものの
栃木U15は、スムーズなパス回しで
インサイド/アウトサイドでボールをシェアして
横浜U15のディフェンスを崩して逆転。
しかしながら、両チームともシュート精度も高く
U15世代のレベルが高いことに驚かされた。
個人的には、ジュニア世代の育成が
重要であることを改めて実感させられた。

準決勝 FE名古屋U15 68vs27 栃木U15

準決勝 東京ZU15 40vs56 横浜U15

3位決定 FE名古屋U15 39vs62 東京ZU15

決勝 栃木U15 65vs55 横浜U15

何か毒素の強い不祥事ニュースもあったりで
不甲斐ない大人もいたりするが
純粋にプレイしているU15世代のプレイを見て
癒されるのも良いのではないだろうか…

0