琉球ゴールデンキングス、2018-19 開幕節はアウェイで秋田ノーザンハピネッツと対戦!(2018/10/6-7)


いよいよ、琉球キングスの2018-19シーズンが開幕!
対戦相手は、今季B1に復帰した秋田!
Bリーグ初年度はB1で戦ったものの
激戦区の東地区、リーグ移行への対応に苦しみ降格。
昨季は、B2で過ごしたものの
HC交代でアグレッシブなディフェンスを武器に
B2で圧倒的な強さを見せつけ、最短昇格を果たし
さらにB2の有力選手を中心に補強して
B1に臨む秋田のホームに乗り込んでの開幕戦!
この対戦は、下記の媒体で視聴可能。

10月6日(土) VS 秋田ノーザンハピネッツ
・生放送 14:00~16:00 NHKBS1
 解説:小宮邦夫、実況:小野卓哉
・生放送 バスケットLIVE
・生放送 DAZN

10月7日(日) VS 秋田ノーザンハピネッツ
・生放送 バスケットLIVE
・生放送 DAZN

それでは、今季の秋田を分析!

【HC/ロスター】
ジョゼップ・クラロス・カナルスHC(継続)

  1. 中山 拓哉
  2. 小野寺 祥太
  3. 白濱 僚祐
  4. 谷口 大智
  5. 保岡 龍斗
  6. カディーム・コールビー
  7. 成田 正弘(名古屋FEから移籍)
  8. 野本 建吾(川崎から移籍)
  9. 俊野 達彦(愛媛から移籍)
  10. 下山 貴裕(青森から移籍)
  11. 下山 大地(青森から移籍)
  12. ニカ・ウィリアムス(愛媛から移籍)
  13. ジャスティン・キーナン(アルゼンチンリーグから移籍)

【先発予想・マッチアップ】
PG/SG:#17 中山拓哉 – #3 並里成
PG/SG:#33 俊野達彦 – #14 岸本隆一
SG:#8 下山大地 – #51 古川孝敏
F/C:#55 谷口大智 – #12 ジェフ・エアーズ
PF/C:#40 ジャスティン・キーナン – #40 ジョシュ・スコット

【注目選手】
#17 中山拓哉
昨季、田口選手と共にオールスターへ選出された経歴があり。
持ち味はディフェンスとフィジカル。
田口選手の移籍に伴い、叩き上げの選手であり
看板選手として上げられるのは中山選手だろう。
そして、ディフェンスを身上とする秋田にとって
それを支える中山選手の活躍は欠かせない。

#33 俊野達彦
今オフ、愛媛から秋田に移籍してきてキャプテン就任。
チームのシステム理解といった不安もあるだろうが
先日の「B.LEAGUE TIPOFF カンファレンス2018」では
晴れやかな表情で参加している印象が強かった。
そして、俊野選手と言えば
bj時代からのバスケファンなら知っているかもしれない。
我らが琉球キングスの岸本選手と並ぶ
1試合41得点の日本人最多得点記録保持者だ。
EARLY CUPのスタッツを見る限り
そのオフェンス力は生かせていないようだが
爆発力を秘めている俊野選手は、要チェックだ。

#40 ジャスティン・キーナン
キーナン選手の事は、全く知らないのだが…
EARLY CUPのスタッツを見る限り
秋田のオフェンスを支える得点源だ。
EARLY CUPでは、不調だったようだが
3Pも多投していることから
アウトサイドもあるオールラウンダーと予想。
キーナン選手を調子付かせないことも重要だ。

【展開予想】
琉球キングスと同様にディフェンスに重きを置く秋田だ。
互いに試合開始から、激しいディフェンス合戦となるだろう。
秋田は、積極的なディフェンスからスティールを狙い
イージーな得点に結び付けたいだろうが
今季の琉球キングスは、ターンオーバーが少ない。
リーグ有数のPGを揃えた効果が顕著に出ている。
そのため、秋田は早い段階で手詰まりになる可能性が高い。

それは、琉球キングスは昨季の課題であった
オフェンス面が大きく改善していのも理由の一つだ。
秋田が激しいディフェンスを仕掛けたとしても
並里選手を起点とした琉球キングスは
シュート成功率こそ落ちたとしても
試合を通じてオフェンスが停滞する時間帯は短い。

対する秋田は、B1昇格に合わせて
大幅なロスター変更を行なったため
オフェンスのシステムは構築中だろう。
その状況で、ディフェンスに優れる
琉球キングスを相手にオフェンスの不安面は大きい。

そのため、この対戦カードはチーム成熟度が増す
シーズン後半の秋田ホーム開催であれば
秋田のアップセットも期待できたかもしれないが
ワンサイドゲームとなる可能性が高い。
その中で、秋田がB1強豪の琉球キングスを相手に
どういった点が通用するのか
それを知るための対戦となるだろう。

そして、今季は優勝を目指す琉球キングスは
目の前の勝ち星をしっかりと拾うこと。
試合終了までプレイの内容にこだわって
レベルアップすることを目的に
プレイし続けることが出来るのか
その点に注目して観戦したい。

【ハイライト】9/8 青森 vs 秋田(EARLY CUP 東北大会準決勝)

【ハイライト】9/9 仙台 vs 秋田(EARLY CUP 東北大会決勝)

0