琉球ゴールデンキングス、2018-19 第4節はアウェイで三遠ネオフェニックスと対戦!(2018/10/20-21)

開幕から4連勝を飾った琉球キングスだが
第3節、アウェイで京都との接戦を制することが出来ず
現在、大阪/京都と並んで西地区1位をキープ。
そんな琉球キングスの第4節は、三遠と対戦!
三遠と言えば、昨季の悔しい連敗だ。
琉球キングスのターンオーバーを狙った
トラップディフェンスを何度も仕掛け
それを成功させて三遠に連敗を喫した。
あの悔しい敗戦を忘れてはいない。
中2日というタフスケジュールではあるが
それは対戦相手も一緒なので
しっかりと気持ちで負けずに連勝して欲しい!

今節は、下記の媒体で放送予定。
10月20日(土)14:05 VS 三遠ネオフェニックス
・生放送 バスケットLIVE
・生放送 DAZN
・生放送 スカパー

10月20日(日)14:05 VS 三遠ネオフェニックス
・生放送 バスケットLIVE
・生放送 DAZN
・生放送 スカパー

それでは、今季の三遠を分析!

【HC/ロスター】
藤田 弘輝HC(継続)

  1. 川嶋勇人
  2. ダシルバヒサシ
  3. 鈴木達也
  4. 太田敦也
  5. 岡田慎吾
  6. 田渡修人
  7. ロバート・ドジャー
  8. 長谷川智伸(滋賀から移籍)
  9. 菅野翔太(福島から移籍)
  10. 寺園脩斗(実業団チームから移籍)
  11. 渡邊翔太(島根から移籍)
  12. シャキール・モリス(米大学を卒業)
  13. ウィリアム・マクドナルド(横浜から移籍)

【先発予想・マッチアップ】
PG:#4 寺園脩斗 – #3 並里成
SG:#73 田渡修人 – #14 岸本隆一
SG/SF:#6 長谷川智伸 – #51 古川孝敏
PF:#2 ロバート・ドジャー – #12 ジェフ・エアーズ
C:#45 ウィリアム・マクドナルド – #40 ジョシュ・スコット

【注目選手】
#4 寺園脩斗
今季、名古屋Dの笠井選手と共に脱サラしたBリーガー。
京都の伊藤選手と大学の頃、共に戦った寺園選手。
正PGの鈴木選手が怪我で離脱中ということもあり
先発PGを務めている。
Bリーグでの試合も5試合を経験して
Bリーグの水にも慣れてきているだろう。
寺園選手のプレイにも注目してみたい。

#2 ロバート・ドジャー
昨季は、怪我に泣かされたドジャー選手。
今季で、三遠在籍も3季目となる選手で
三遠はドジャー選手を起点としたバスケットを
仕掛けてくると見られるため
まず、ドジャー選手を抑えることは重要だ。

#5 川嶋勇人
未だ京都に在籍しているイメージの強い川島選手だが
とても器用なプレイヤーでアウトサイドをこなしつつ
ミスマッチと見るやポストアップして得点も取れて
ドライブからアシストも出来る万能性を有している。
昨季、琉球キングスを2連敗に陥れた試合も
川島選手の存在は、決して小さくなかった。
サイズで劣る琉球キングスは川島選手との
ミスマッチとなる場合は注意が必要だ。

【展開予想】
三遠は、Bリーグが開幕してから
最も外国籍選手を変更したチームの一つだろう。
そして、外国籍選手獲得の方針も今ひとつハッキリしない。
フロントの迷いがコートに反映されているのか不明だが
昨季、シーズンを通して不安定な戦いぶりが続いた。

そして、今季も開幕が迫った中で
元横浜のマクドナルド選手を獲得した。
アメリカの大学を卒業したルーキーのモリス選手を
獲得した一方で、ベテラン選手を獲得。
マクドナルド選手は、非常にバスケIQの高い選手だが
機動力という点では物足りない。
どのようなバスケを実現したいのかが
今ひとつハッキリしないのは今季も同じようだ。

開幕から5試合を終えて、1勝4敗と出遅れている。
鈴木選手の復帰が出来ていないことも
不調の要因ではあるが、三遠には絶対的エースがいない。
そのため、オフェンス力では
他チームに見劣りすると言わざるを得ない。
昨季、琉球キングスを苦しめたトラップディフェンスは
機動力に欠けるマクドナルド選手では使いづらい。
日本代表活動で合流が遅れた影響からか
日本人ビッグマンの太田選手も決して好調とは言えない。
また、レギュレーション変更の影響で
ベテランの外国籍選手にはタフなプレイタイムと
なっていることも影響しているだろう。

琉球キングスは、プレッシャーのあるディフェンスと
トランジッションから早い展開を仕掛けられれば
しっかりと勝利を手にすることが出来るだろうが
先日の京都戦のようにターンオーバーを繰り返したり
連携不足からディフェンスのズレを突かれると
取るべき勝利を取りこぼしてしまうことも有り得る。

どのような状況であろうとゲーム全体を通し
チームで決めた事を徹底してやり切ることが出来れば
琉球キングスがゲームを支配して勝利するだろう。
そして、そのようなプレイをファンは望んでいる。

【B1ハイライト】10/17 新潟 vs 三遠(18-19 B1第3節)

【B1ハイライト】10/14 千葉 vs 三遠(18-19 B1第2節)

【B1ハイライト】10/13 千葉 vs 三遠(18-19 B1第2節)

0